.

.

.

2013年にスタートした、アルガンザのヒーラー養成・プロのヒーラーさんのための自己発展スクール。

初級はなく、臼井レイキのセカンド修了者を対称とし、中級編・上級編それぞれ6回で二週間おき。

全12回の修了者はアースキーパー(アルガンザを運営するAmari のオフィス)認定卒業生としてご紹介します。

認定者リストのページはこちら

ヒーラーズカレッジ の特徴

1「中級」からスタート

入門編・初級編の内容はありません。受講条件を「ウスイレイキ・セカンド」にしているのは、エナジーワークの基礎であるレイキの仕組みを大方理解し、自分自身でセルフあるいは他者へのヒーリングを日常生活の中で実践していること、つまり、「エネルギーが作用することでヒーリングが起こる」ことを知っていて、なおかつシンボルや遠隔ヒーリングが作用することを体験し、それが起こるという事実を受け入れていること===を、条件としています。つまり、ここまで(レイキセカンドまで)の理解と実践により、入門・初級はカバーしていることになります。

・・とはいえ、レイキの伝授を受けたけれどよく分からない、それでも何となく実践はしています・・というような方も、もちろん大丈夫です。エネルギーの実感や、それを言葉やヴィジョンや解釈でどう繋げていくかなど、学んでいくのはカレッジの内容になりますので、どうぞご心配なく。一応条件としては、ウスイレイキのセカンド修了です。アルガンザでもレイキセミナーをご用意していますので、レイキ伝授を今からという方でも、開講までに受講して頂ければ間に合います。 (ご相談下さい)

お申し込み時、修了書の開示(他校で伝授を受けた方)は必要ありませんが、カレッジ中級からワークタイムの中で、ウスイのシンボルも日常的に使っていきますので、開講までにシンボルは見なくても書けるようにしておいて下さい。また、上級コースではサードシンボルも使いたいと思いますので、それまでにサード受講をお願いしたいと思います(他のスクールでも可)。

卒業生の皆さんはそれぞれ、色々なヒーリングを趣味で実践されたり、習っていらっしゃる方も。様々でした。エネルギーの法則はすべて同じ。宇宙と人間をとりまく法則も。同じものが流れていますので、色々なメソッドの(ボディワークや音や香り、石など)ヒーリングテクニックと並行して、学んで頂くのも良いと思います。もちろんエナジーワークにフォーカスでも良いと思います。

2「神智学」による深い学び

今現在わたしたちがこうして触れて親しんでいるエネルギーヒーリングや、ニューエイジの知識、チャネリングや多次元地球、あらゆる波動にまつわる知識などの「ルーツ」として、19世紀末〜20世紀初頭に興った「神智学」をメイン学んでいます。ルーツといっても、当然それぞれのヒーリングツールや神秘思想や見えない世界の叡智は、古代より様々に伝えられて来ましたが、それを西洋と東洋の枠を越えて一本化し、なおかつ私たちの地球、人類の歴史を見守り導いている見えない世界と、それを学ぶ人々の間に「橋を掛けた」のが、神智学でした。

カレッジ一期では、学びの時間の3〜4割ほどを、神智学の主要な伝達者の一人であるアリス・ベイリーの著書をご紹介し、現代の私たちが学ぼうとしているエネルギーの世界、人間と宇宙、さまざまなヒーリングのシステムの背景にあるものに、触れることを試みました。

アリス・ベイリーはとても難しいので、バランス良く取り入れ、一般的な資料やヴィジュアルイメージなども使いながら、難解にならないコンテンツをご用意しています。今後も神智学は取り入れていきますが、集まった方々との、おそらく毎期違う集合エネルギーの空気、個性を感じ取り乍ら、内容を調整しご提供していきます。

3 2〜3時間の座学とおしゃべり、一時間のワーク。

毎回、最後の一時間は二階ロフトの瞑想スペースにて、ワークタイムです。基礎的なオリジナルの呼吸法から、少しずつ実践の範囲を拡げて、体感やイメージング、それを言葉で伝え合うこと、お互いのエナジーを感じて表現し合うこと、自分自身の調子を、エネルギーレベルで感じて改善する方法や調整する手だてを察して自己メンテナンスを実践していけるように・・と、レベルを上げていきます。瞑想体験が殆どない方でも大丈夫です。上級コースが終わる頃には、自分や他者のエナジーを感じて、自分の言葉や感覚で、それをヒーリングに繋げて行く事が出来るようになります。

集まってから2〜3時間は、サロンスペースでの学びになります。が、決して硬い場ではなく、「最近どう?」という、おしゃべりからスタート。集まるメンバーにより変わっていきますが、クラスメート同士で、互いの成長と変容を見つめ合い、また同じテーマを持っている部分を見つけてそのユニットごとに変容していくような事もあります。

日本人は苦手かもしれませんが、自分のことを伝える、語る、表現する・・というシェアリングのおしゃべりを繰り返していくことで、自己発見や、人を癒すこと、変容を促すこと、また自分が変化していくことの背後にあるエネルギーの流れや仕組みを、理屈を越えて理解し、身につけて行く事に繋がります。

4 日々の生活と自分の時間の中で

みなさんお忙しいですが、幾ら知識やメソッドを学んでも、日常の中でそれを活かせなければ意味がありません。ここで学んだセルフメンテナンスの知識やワークタイムでの「実感」「体験」を、各自が日常の中に自然な形で流し込むことで、本当の意味での学びになり、成長・変容に繋がります。毎回宿題が出ますが、それも含めての学びと変容の機会として、半年間のプロセスを楽しんで下さい。

カレッジの毎回の間隔である2週間はいつもあっという間で、それでいて仲間と「どうだった?」と語り合うことで、日常生活の現実と、学びが、繋がって行ったり、発見があったりします。自分に活かす場合も、他者へ行うヒーリングも、「流れ」を感じて起きていることを読み取り、繋げていく思考回路や感性が大切になります。カレッジではそれを育むため、シェアリングのおしゃべりの時間を沢山とっています。皆さんのご参加をお待ちしています。(2017年度、5期で終了となります)

,

ヒーラーズ・カレッジ 第5期(2017年) 募集要項

→定員に達しましたので、受付を終了します(2017 3/13)

→カレッジは5期で終了となります。2018年からは「エコールdeアルガンザ」の各種講座、その中心となる(カレッジに代わる)ものとして、「エナジーワーク・インテンシブマスターコース」がスタートします。カレッジと同じように3〜4名のクラス構成で進みます。詳細はエコールのページで。

2017年5月中旬〜2017年11月中旬(中級6回・上級6回:計12回)

お代金: 12万円(全12回分一括払い)

*2週間に一度のサイクル。平日クラス1、週末クラス2つ。毎回のクラスは4時間。

(1クラス3名で、計9名になります)

木曜クラス(13時〜17時):3名

土曜クラス(13時〜17時):3名

日曜クラス(13時〜17時):3名

 

受講条件:ウスイレイキ・セカンドディグリー伝授修了者(他のスクールでも可) ・アドバンス(上級)が始まるまでにはサード(マスターディグリー)受講を済ませて下さい。

1期:2013年度実績:卒業生(修了者)9名 

2期:2014年度実績:卒業生(修了者)9名 

3期:2015年度実績:卒業生(修了者)9名

4期:2016年度実績:卒業生(修了者)9名

ヒーラーさんとしてご活躍の方もスキルアップのため通って下さっています。またカレッジ受講中、卒業後に活動の準備に入っている方も。一方で日々の生活に生かしたいという方も。背景は様々でも、みな一つの大きな流れに一緒に乗りながら進んでいける心強さ、楽しさを毎期、感じて頂いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*主なコンテンツ(毎期全く同じではなく、適宜、マイナーチェンジや内容の洗練を計っています)

● Desk Study (学びの時間)●

【 Intermediate (中級)】テーマ『ヒーラーのためのセルフメンテナンス』

イントロダクション/オーラについて「ライトボディの構造と性質」/チャクラについて「オーラとチャクラの関連性/肉体をふくめたオーラチャクラトータルケア1〜4(神智学を中心に)

【 Advance (上級)】テーマ『意識の枠を拡げよう。多次元存在としての私たち。」

肉体を含めたオーラチャクラトータルケア5〜6/5大元素の誕生と人間との繋がり/七つの光線/マスター・ガイドからのサポート・自己成長への生かし方/空間・他者・境界線/より高い層からのエナジーヒーリング/豊かさとハート/リーディング

● Worktime (ワークタイム)●

瞑想スペースに移動し、毎回1時間のワーク。こちらも基礎から徐々にレベルを上げて行きます。エナジーの体感やリーディングに磨きをかけて行きます。

● And, Sharetime (シェアタイム)

お茶をのみがら、前回カレッジからの2週間のサイクルの中で感じたことや、宿題の実践についてなど、互いにシェアします。

 

メールにてお申し込みください。お名前・簡単なご住所、クラスのご希望をお書き添え下さい。

(希望者には卒業後、マスタークラスをご用意しています)

 


それぞれ別ページを設けています

4期(2016年度 2016 May - 2016 November

3期(2015年度 2015 May - 2015 November

2期(2014年度 2014 October - 2015 March

1期(2013年度 2013 October - 2014 March)

.

.


(C)Arganza JP All rights reserved.